潮目が変わる

臨時休校が行われ春期講習会はできない、新規生募集活動もままならない、6月に休校措置が解除されても問合せは殆ど無い、夏休みは短縮で例年通りの夏期講習はできない、と「無い・ない」づくしの上半期でしたね。
夏期講前までは、いろんな塾さんに近況伺いのお電話をしても先行きが見えない状況で全く明るい話題を聞くことはありませんでした。

さて、慌ただしく夏期講も終わりまだまだ厳しい状況が続くのかと思いきやそうでもなさそうな話が耳に入ってきています。
首都圏の大手塾さんでは8月の売上が前年比の倍以上になっている教室が出てきてるとか。
何があったのでしょうか?
それはどうも夏休みに入る前に行われた期末テストに起因するようです。

臨時休校期間中ついついだらけてしまったツケが期末テストの結果にはっきりと表れたという訳ですね。
「うちの子は心配するほど学力は落ちてないだろう」と思っていたのがテストの点数を見て「これはヤバイ」と。
“目に見えた危機”に慌てて問合せをして来られるご家庭が増えてきているそうです。
ピンチがチャンスに変わる時が、今なのかもしれません。
不安に苛まれているご家庭が多い今、積極的な生徒募集活動は夏までのマイナス分を取り戻す絶好の機会です!

2020年8月26日

投稿者 admin : 1:50 PM

自宅にいながら塾と変わらない指導が受けられる!

今回ご紹介するのは高松の『学習舎シオン』さんです!
メビウスを活用して長いので、スタッフブログでも何回か紹介してきましたが、
今回は学習舎シオンさんがされている 『家study』 をご紹介いたします。

この『家study』はコロナの影響で休校になった際に、大変効果を発揮したそうです。
3月の休校時には、中学生全員を『家study』に切り替えたそうですが、通常と変わらない指導が提供できた、と。
今回のテストでも、小学校のときに算数が苦手だった子が数学で92点、英語は97点と驚きの高得点を取ったり
今までに塾に通ったことのない子で、いきなり学年3位という驚きの結果!
塾に通わなくても、自宅にいながらしっかりと勉強ができることを証明してくれました。
という事でした。

 

『家study』では基本的に、映像(エデュプラス)+メビウスを活用していて、
専用のプリンターを使って、メビウスのプリントを送る。
プリントを受け取った生徒さんは、問題を解く→プリンターで先生に送り返す→先生が採点→弱点対策プリント送る。
という流れになります。
プリンターを使う事で写メを取ってやり取りしたり、問題を写したりという手間がなくなって良かったという事でした。
保護者の方からも好評だったそうです。

プリントは映像に合わせて先生が予め、『ページ』を活用してプリントを作成し、それをパック登録していらっしゃるそうです。

今では学校が始まっても「プリントを送ってほしい」というリクエストも来るそうで、
生徒さん自身も自宅での学習が身についたみたいです!
「今後秋に向けて感染が広がってもとりあえずは対応できるかと。とくに受験生には心強いと思います!」と。
また、塾が遠い子や送迎できない子、既存の塾のサービスが受けられない子でも
『家study』でメビウスを使った勉強ができるのはいいかと思います。
とおしゃっておられました!

 

だんだんと塾のスタイルが変わっていっているなか、この様に場所を選ばず、質の良い教育が受けられるのは
生徒さんにとっても選択肢が広がって良いかと思います。

塾長曰くエデュプラスとメビウスを使っている塾さんなら、すぐに取り組めるかと思います。
という事でしたので、もし気になる方、もっと詳しく話を聞きたいという方がいらっしゃいましたら、
こちらの塾長をご紹介いたしますので是非お気軽にご相談下さい!!
コロナで色々と大変な状況ですが、子供達の為にも、皆で協力しながらより良い環境を作っていけたら良いですね!!

2020年8月19日

投稿者 admin : 9:31 AM

遠隔指導でメビウスをどのように取り組む?

業界誌のコロナ対策の特集記事を読んで改めて遠隔指導の有効性を認識しました。

もちろん対面指導が良いのは当然ですが、「見せ方」次第で塾への好感度アップが図れそうです。

使い勝手の良さからZoomでの遠隔指導が多いですね。

学校と違い塾は参観日など無いですから親は子どもがどんな指導を受けているのか見る機会が殆ど無いと思います。

でもZoomでの指導が行われるようになって塾の面倒見を目にする機会が増えているのではないでしょうか。

在宅を余儀なくされてもダラダラと過ごすのでなくメリハリのある一日を子どもが過ごしている姿を見ると安心でしょうね。

さて、そんな遠隔指導でメビウスはどんな形で子どもたちの学びをサポートできるか考えてみました。

例えば1週間分のプリントをパッケージとして事前に渡しておく。

このプリントを解くの当たってZoom授業で指導したり映像授業を活用したりしてインプットを行う。

そしてメビウスのプリント演習でアウトプット。

解答したプリントはアプリ等で撮影して提出してもらう。

提出してもらったプリントの解答結果をもとにZoomで個別指導・・・と、こんな感じになるのかなと思います。

あと子どもへの指導とあわせて保護者への学習報告や保護者会という「めんどうみタイム」もZoomでしっかりとアピールすれば好感度が上がるのではないでしょうか。

 

2020年8月18日

投稿者 admin : 10:52 AM

オンラインセミナー「新入塾生23人獲得したチラシ戦略セミナー」

~チラシの集客効果が出なくてお困りの方へ~
がっちり保護者と子どもの心を掴むチラシ戦略を展開し23人もの新入塾生を獲得した石原 正人 氏による実践型オンライン・セミナーが開催。
WEB集客」が主流になりつつも広告媒体としてチラシもまだまだ侮れません。
「行動を変えるのは心。行動は心の表れ。」
感情に訴え掛けるライティングテクニックまで伝授してくれる本セミナーの詳細は、こちらをご覧ください → 新入塾生23人獲得したチラシ戦略セミナー

★石原 氏のプロフィール
 全国最大の直営チェーン塾の京都・滋賀地区の責任者として15教室2,000名まで規模を拡大。
 その後、一念発起スピンアウトし強みを持った新時代の塾のパッケージを目指し半径1km圏内に30もの塾がひしめき合う激戦区で教室を立ち上げ、わずか2年で80名の集客を実現。
 中小塾の勝ち方について身をもって証明する。

2020年8月11日

投稿者 admin : 2:02 PM

子供の『未来の学力』を伸ばす石巻のアトムズさん

今回ご紹介するユーザー様は、宮城県石巻のアトムズさん https://kg-atoms.jp/
導入して約1年になりますが、すでに良い結果が出たそうです。
先日のテスト結果で、皆さん20点から90点アップ(5科目)していたそうです!!
おめでとうございます!生徒さんの頑張った結果が反映されてますね!

 


【教室での活用法】
映像+ワーク
映像で説明を聞いて、ワークを解く。
ワークが終わった人から、メビウスのプリントに入る。

[メビウス]→ワークの範囲に合わせてプリント作成
理科・社会)一問一答式
英語)教科書指定してプリントだす。
数学)一問一答式から50問だす。
▪正解が20問以下だったら次は100問出す。
結果→生徒さん達は間違わないように頑張ってやるようになった。

中学生もワークよりプリントが好きみたいです。
150分授業なので、ずーっと席に座ってひたすらワークやプリントをするより
たまに席を離れて採点しに行くのが良い気分転換になっていて、生徒にとっても負担無く演習に取り組めているそうです。
また、先生側も生徒さんのモチベーションが下がらない様に、「ついにここまで来たね!」とか声掛けをしています。という事でした。

先生曰く、「やる気のある子は、『ピッピ下さい!』と生徒さんの方から言ってくるようになって、
テスト前など、すごい量でもほとんど解いてきます。
これ(メビウス)をすれば点数が取れると分かっているんです。」

また、「メビウスを活用し始めてから生徒さんの勉強に取り組む姿勢が変わった。
間違えた問題もちゃんと理解して次に進むようになった。なので同じ間違えを繰り返さなくなりました」
こんな嬉しいお言葉を頂戴しました。
やはり弱点を克服することで生徒さん達も自信がついたんでしょうね。
今後の生徒さんの伸びが楽しみです!!

「小学生]
1年生の漢字の読み書きを活用(6年生も1年の漢字から順番に始める)
1回だいたい90問、多くて160問ぐらい(一問一答式)
国語力の向上に「漢字力」は必須です!という事で「漢字の読み書き」に力を入れているそうです!
今後は小学生の漢字は、出来る子は学年関係なく先へ先へ進めていく。という事でした。

 

30分漢字プリントしたら次は速読。という流れ。
算数)単元ごとに分けてファイルにはさむ
 
小学生にもピッピ(メビウスのバーコード)がすごく人気で、もっとさせてと言ってくるぐらい。
ピッピが多い=間違いが多い。と気づいて最近は間違えないように頑張っているそうです。

【流れ】
プリント解く→採点(ピッピ)→ハンコ押す(発見テストはファイルに閉まう)→弱点対策プリント解く
▪ファイルにたまったプリントは塾で保管しておいて、面談や郵送で送る。

アトムズさんでは、高校生向けに、経営実践コースなどもあり、勉強だけではなく、
社会に出てからも約に立つ事も学べます!

 

この様な経験や知識があれば社会に出ても即戦力になるので、生徒さんの為になりますね!!
素晴らしい!!
アトムズさんのブログ → https://ameblo.jp/kg-atoms/でも色々と教室での生徒さんの様子や、塾の活動なども拝見できますよ!

2020年8月4日

投稿者 admin : 9:38 AM