塾による私立学校の学習サポート

授業の遅れを取り戻すため殆どの学校は、夏休みを短縮して何とか授業時間を確保していますね。
ただ、授業で教えた内容がしっかりと習得できているかとなると生徒ひとり一人バラツキが出てくるのではないでしょうか。
このバラツキを無くすための対策も学校側が行っていかなければならないのでしょうが、昨今の働き方改革により教職員にその対策を求めるのが難しくなってきているのが現状です。
そこで今注目されているのが、塾による学校の学習サポートです。
学校が、「場」と「教材教具」を用意し、塾がそれを活用して生徒たちの指導を請負う、という形態です。
大都市では、大手学習塾さんと提携して学習サポートを行っていると学校もあるみたいですね。
 
時代は、アウトソーシング。
これからは、塾による学校サポート事業が当たり前になってくるのではないでしょうか。
この学校サポートは、塾にとって活動の場を自塾の教室外にも広げるビジネスチャンスだと思います。
 
さて、「興味はあるけど何をどうしたいいのか・・・?」と思われる方、いらっしゃると思います。
ご心配なく!
学校サポートに詳しい先生がいるので、私どもにお問合せ下さればこの先生をご紹介致します。
お気軽にお問い合わせ下さい。

2020年6月29日

投稿者 admin : 11:42 AM

在宅学習中の理解度は・・・?

6月からほぼ全国の学校が再開し、徐々に生徒さん達も慣れてきた頃でしょうか。

地域によっては今年の中間テストはコロナの影響で授業が出来なかった為、
テスト中止や延期。というところが多い様ですね。

先日、ネットニュースで、弊社の地元の岡山の事ですが、
倉敷の、ある中学校は、再開してすぐ4日(6月)に中間テストがあったそうです!
休校中も生徒に課題を出して自宅での学習を促していたので
その期間も含めた学習の進捗状況を確認するため中間テストだったそうです。

中間テストを行うことで、生徒一人一人が学習の計画や目標を明確にできると思って実施を決めたそうです。
「このような状況でも自分で課題を見つけて解決していける力を身につけてほしいとい」う教務の思いがあったそうです!
≪NHKニュースから≫

ユーザー様のなかにも、この自粛期間中に学校でテストが無い代わりに、塾内でテストをするというところもありましたね!

やはり、『オンライン授業』という今までとは違うスタイルで、さらに『自宅学習』で、どれくらい生徒さん達が理解できているのか
教えている側からも、気になりますよね!心配もありますし、不安もありますし…
テストをするこ事によって、生徒さん達の学習状況も把握できますし、何より気持ちも引き締まるような気がします!

 

先日ユーザーの岩沢学院さんが中学生だけに、塾内でテストを行ったそうです!!
こちらの塾長も、オンラインでずっとがんばってきた子達の達成度を測るためのテストと言うことでした!

テストを作るのも簡単では無いのに、それを中1・2・3生用を5教科分も‼
学年に合わせて、テストのスタイルも変えたり、中3生には入試に備えたテストにしたりと、色々工夫しながら
寝る暇も惜しんで作成されたそうです!!本当に熱い先生です!!
前日ギリギリまでかかったそうです!!素晴らしい!!
本当にお疲れ様でございます!!!
生徒さんの結果が楽しみです!!!

2020年6月23日

投稿者 admin : 10:40 AM

学習システム・メビウス開発者の想い

買い物時のレジ待ちでは距離を開けて並ぶなどの新生活様式に違和感が無くなって来ました。
改めて「慣れ」という能力の凄さを認識しました。
 
さて、長い休校期間を経て学校も手探りの中、やっと再開しましたね。
ただ心配なのは、「授業の遅れをどう取り戻すか」ですが、公教育と民間教育が力を合わせれば難なく乗り越えられると思っています。
私どもも当社の学習システムを通じて子どもたちの学びの一助を担いたいと考えています。
 
その学習システムですが、今から29年前に最初のモデルをリリースしました。
間違えたところの類題が出てくるという、類を見ない画期的なソフトウェアの登場です。
実は、この画期的ソフトウェア登場の裏には開発者の体験的学習法にヒントを得て開発に至ったという背景があります。
 
その開発までの経緯が、26年前の「月刊私塾界1994年12月号」に詳しく掲載されていた記事のコピーを発見!
そこで今回のブログでは、開発者の想いを多くの方々に知って頂きたくて、私塾界さんの了承を取りご紹介致します。
開発者の想い、ぜひ読んでみてください。
 
記事のコピーはこちらをクリック → 月刊私塾界(1994年12月号掲載) 

 

 

2020年6月16日

投稿者 admin : 3:11 PM

『今年の夏季講習PARTⅡ』

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
『夏期講習』のアンケートにお答えくださった皆様、ご協力ありがとうございました!

今年の夏休みは、やはりコロナの影響でどこも休みを短縮して授業時間を確保する。という動きになってますね。
ある記事では、約9割超が夏休みを短縮。再開後も異例ずくめの学校生活となりそうだとのこと。
なぜなら、多くの市町が学校行事の見直しなども行い、本年度内に学習の遅れを取り戻そうと計画しているからだそうです。

 

弊社の地元である岡山でも中高の今年の夏休みを9日間に短縮すると発表されました。
そして、今年は運動会や修学旅行も中止だそうです・・・
可哀そうではありますが、この状況だと仕方ないのかな・・・と。やむを得ない判断なのでしょう。

東京の方では10日間から3週間程度夏休みが短くなり、兵庫県も岡山と同様9日間にするほか、
三重県名張市は8月1日から8月23日が夏休み。
北海道の函館は8月1日から16日。
札幌は8月8日~に夏休みを遅らせるそうです。
福岡市8月7日から8月19日、沖縄は8月1日から8月10日を夏休みと設定して約10日間に短縮などなど、
どこの県も夏休み返上で授業時間を確保。と言うことになってますね。

 

北海道の札幌のユーザーさんは、
夏期講習は実施するが、短縮日程で行うそうです。
札幌は7月25日以降も学校があるのでいつもよりはコマ数を減らして、『夏期講習』を設定。
コチラの塾さんも自粛中のオンライン学習で、先取りしているので
25日以降は、『しっかり復習をする時間』と言うことで、講習会と位置づけて、模擬試験対策を行なっていくそうです。

また香川県と広島県のユーザーさんは、いつものような『夏期講習』はできないので
今年は異例の【通常授業】プラス【個別授業】という設定で行っていくと言うことでした!!

2020年6月9日

投稿者 admin : 4:50 PM

今年の夏季講習

緊急事態宣言が解除されましたね。
元通りとはいきませんが徐々に日常が戻ってきましたね。
学校も分散登校など対策を取りつつ再開しました。

学校の再開に合わせてユーザー様も6月より通常授業に戻されたところも多いようです。

やっと通常に戻ったとはいえ、夏休みがどうなるのか頭を抱えている塾さんが多いのではないでしょうか。
そこでいくつかのユーザー様に今年の夏期講習について伺ってみました。

 

やはりまちまちと言ったところでしょうか。
地域で休みの長さも違いますので、そこの学校の休みに合わせて、するところもあれば
しないところもあるようです!
まだ悩み中、検討中といった塾さんもいらっしゃいました!

神奈川のユーザーさんで、生徒さんの夏休みが2週間で、そのうちの1週間は学校で補習だそうで、
実質1週間になってしまうので、今年は夏期講習はしない。と言うことでした。
ただこちらの塾さんは、今回のコロナの自粛期間で、朝9時から夜9時までオンライン授業で先取りしてやっていたから
夏期講習無しでもあまり問題ないです。との事でした!
そういう塾さんもいらっしゃいますね!

だいたい夏休みが10日以上ある地域は、夏期講習します。というところが多いかなと
いう印象です!
どこの塾さんも今年は休みが短いので、通常でしたら土日祝は休みですが、今年は土日やお盆休みも無しでとか
学校がある日は夜間に、無い日は午前中に3時間など、そこは臨機応変に対応していくそうです!

2020年6月3日

投稿者 admin : 2:47 PM