チラシの“書き方”を変えてみると・・・

9月13日に8月に続いて2回目となるオンライン1dayセミナー“新入塾生23人獲得したチラシ戦略”が行われました。
定員3名の枠には、宮城県からご参加下さった塾さんもいらっしゃったとか。
 
先日、8月の最初のセミナーに参加下さって主催者の石原さんの対応に“たった1回のセミナーのためにここまでしてくれるのかと驚きと感動でした!”と感想を寄せてくれた弊社ユーザーさんに出来上がったチラシの効果を伺う機会がありました。

※はっきりとお見せできなくてすみません
 
チラシがポスティングされる予定日より2日程早く投函されたエリアがあったそうですが、そのエリアのご家庭から投函当日に2件問合せが寄せられました。
問合せを受けた塾長先生は「まだポスティングされてないのに何で問合せが?」と不思議に思われたそうです。
 
予定より早く投函という思いがけない事もありましたが、今回のチラシはレスポンスが今までのチラシと全然違ったとのこと。
これまではチラシを出しても反応が鈍かったそうです。
でも今回はセミナーを受講して“書き方”を変えたことでこんなにレスポンスが違ってくるとは驚きです、と塾長先生。
 
昨今、WEB集客が声高々に叫ばれていますが半径2km程の商圏で問合せを狙うのであればチラシの方が効果を期待できそうですね。
“書き方”ひとつでこんなに反応が変わってくるとは、まだまだチラシも侮れませんねぇ。

2020年9月15日

投稿者 admin : 3:59 PM