北野立志塾さんのルーティンワーク

6月に学校が再開するまで在宅学習を余儀なくされましたが
それでも生徒さん達は、英語は4か月先、数学は1か月先まで進んだとか、
1学期分はほぼ終わりそうだとか、素晴らし成果を見せている塾さんもいらっしゃいました!
ただ先取りばかりしている訳ではなく、ちゃんと復習もしっかりさせてました!

やはり先取り学習で大事なのは、『定着』ですよね。
その時は理解していても、時間がたてば忘れてしまうのが人。
学んだことをしっかり定着させるには、繰り返しの演習ですよね。

今回、札幌のユーザー『北野立志塾』さんがメビウスのプリントで『ドリル』的なものを作って復習も
サポートしているということで詳しく伺いました。

【ルーティンワーク】と名付けて、中学生に渡しています。
問題は応用から出しています。週2回の授業の際には必ず渡しています。
内容は↓
●数学
・空間図形
・一次関数
・証明
●英語
・助動詞
・不定詞
・動名詞
・there is構文
・第4文型
・比較
・受動態
・現在完了
・不定詞構文
・第5文型

 

先生曰く『現在学習している単元の宿題も出すので、量は抑えています。
それでも、間違えたら弱点対策テストが抽出されますから、生徒たちにとってはそれなりの演習量になります。』と言う事でした。

夏休み以降の入試対策に向けても『ドリル』を渡して、過去の知識を忘れないようにしているそうです。

メビウスを導入してからは
『夏期講習会での英数にかかる労力が軽減し、その分、
理社、英数の応用問題に専念できた。効果は大きい』とおしゃってくれています!

そのお言葉を聞けて私たちスタッフも嬉しいです!!
先生と生徒さんのお役に立てているんだなぁと改めて実感します。
沢山ご活用頂き、ありがとうございます!!

2020年7月20日

投稿者 admin : 11:13 AM