メビウスを使って劇的に生徒のやる気が変わった!!

今回、メビウスの活用法をお伺いしたのは、北海道の札幌にある
『アルファプラス‐i 裏参道校』の中本先生です!

コロナ対策で学校が休校になり、自宅学習の準備でお忙しい中、
色々なお話しを聞くことが出来ました!

中本先生がこの教室に入って1年なのですが、先生が引き継ぐ前は、システムや映像など学習ツールはあったが
ほぼ、活用してなくて、生徒が持ってきたテキストをひたすらする。と言った、図書館のような自習室のような
スタイルだったそうです。
その光景を見て、中本先生はこのままだとダメだと思い、思い切って授業スタイルを変えたそうです!!

もともと60分授業で2コマ(英語・数学)
だったのを
前半と後半に分け、
▪前半60分→ウィングネットの映像授業+テキストで導入を学ぶ(英語・数学で各30分)

▪後半60分→メビウスで演習。(できるまで帰れません。スタイル)

※後半の演習時間は気分の切り替えも含め、スペースの有効活用のため席を移動して演習用の席へ移る
(プリントの◎付け担当の先生を一人付けておく。バーコードもその先生がする)

↑結果、たった1年ですが生徒の成績はみるみる上がっていったそうです!
以前だったら50点・60点だった生徒がほとんど皆、自己ベストを更新!!!
さらに、2学期の期末ではほぼ全員が90点台までに伸びたそうです!

3学期は残念ながらコロナの影響で受けれなかったそうですが…

それでも、こんな短期間で本当に素晴らしい結果です!!
中本先生に、この結果の要因をお伺いすると、まず一つは
『後半のメビウスを活用して、できるまで帰れません。スタイルでの演習が
逆に前半の導入の授業を集中して受けるようになった』と言うことでした。

なぜかというと、導入部分をしっかり覚えることによって、メビウスのプリントで間違えがなくなるから。
よって生徒さん達は、早くプリントを終わらせることに繋がると分かったから!
その為、生徒さん達は以前に比べて集中して授業を受けるようになったとおしゃっておりました!
生徒さんからも質問がたくさん出るようになり、授業の精度もあがったそうです!
相乗効果ですよ!!!と。

本当にうれしいお言葉ですね!!
ありがとうございます!!

そして二つ目は、きちんとその日のプランを各生徒さんに組んで学習させるようにした。
ファイルにちゃんと目標決めてスケジュールを組み、単元テストを入れて渡す。
そうすることによって生徒さんが変わったそうです!
今まで暗中模索の状態だった子が目的意識をもって勉強にも取り組むようになった
家でも勉強するようになったそうです!
保護者の方からも、子供がすごく変わったと!いうお言葉をいただいてるそうです。

やはり、塾が変わると生徒も変わると言いますが、本当ですね!!
先生の勇気ある教室改革と生徒への熱い想いが、生徒の成績向上に繋がったんだと思います!!

次回は中本先生がメビウスを使ってどのようにプリント作成しているか、
在宅学習の対応など紹介致します!!

 

2020年4月22日

投稿者 admin : 9:43 AM