問題抽出『ページ』のページ要素で定期対策!

中間テスト・期末テストの対策は、メビウスのページ指定を活用されてらっしゃるケースが殆どです。
学校から発表されたテストの範囲を指定して問題抽出すれば対策テストが簡単に作成できますから。
 
ただ、テスト範囲が広い場合、仮に範囲がP.50~P.90だとします。
メビウスのページ指定で「P.50~P.54」、「P.55~P.60」、「P.61~P.65」・・・と区切ってスモールステップのテスト対策演習が効果的です。
しかし、限られた時間の中、時には時間内にテスト範囲すべての対策を完了することが難しい事もあるかと思います。
 
そんな時には、「ページ要素(※一要素一問選択)」で問題抽出が便利です。
このページ要素(※一要素一問選択については、こちらをご覧下さい

             ↓

ページ指定の『一要素一問選択』機能

「一要素一問」の抽出機能を使えば、指定した範囲内の学習要素の問題を漏れなく抽出します。

定期テストの場合すべての教科が対策できないと思います。英数基本になると思いますが、その他の理科社会にもこの
一要素一問で問題抽出してプリントを作成し、これを宿題にしてレベルUPをされています。
メビウスは、テスト対策も強力にサポート致します!

 

2019年11月18日

投稿者 admin : 9:41 AM