子供の『未来の学力』を伸ばす石巻のアトムズさん

今回ご紹介するユーザー様は、宮城県石巻のアトムズさん https://kg-atoms.jp/
導入して約1年になりますが、すでに良い結果が出たそうです。
先日のテスト結果で、皆さん20点から90点アップ(5科目)していたそうです!!
おめでとうございます!生徒さんの頑張った結果が反映されてますね!

 


【教室での活用法】
映像+ワーク
映像で説明を聞いて、ワークを解く。
ワークが終わった人から、メビウスのプリントに入る。

[メビウス]→ワークの範囲に合わせてプリント作成
理科・社会)一問一答式
英語)教科書指定してプリントだす。
数学)一問一答式から50問だす。
▪正解が20問以下だったら次は100問出す。
結果→生徒さん達は間違わないように頑張ってやるようになった。

中学生もワークよりプリントが好きみたいです。
150分授業なので、ずーっと席に座ってひたすらワークやプリントをするより
たまに席を離れて採点しに行くのが良い気分転換になっていて、生徒にとっても負担無く演習に取り組めているそうです。
また、先生側も生徒さんのモチベーションが下がらない様に、「ついにここまで来たね!」とか声掛けをしています。という事でした。

先生曰く、「やる気のある子は、『ピッピ下さい!』と生徒さんの方から言ってくるようになって、
テスト前など、すごい量でもほとんど解いてきます。
これ(メビウス)をすれば点数が取れると分かっているんです。」

また、「メビウスを活用し始めてから生徒さんの勉強に取り組む姿勢が変わった。
間違えた問題もちゃんと理解して次に進むようになった。なので同じ間違えを繰り返さなくなりました」
こんな嬉しいお言葉を頂戴しました。
やはり弱点を克服することで生徒さん達も自信がついたんでしょうね。
今後の生徒さんの伸びが楽しみです!!

「小学生]
1年生の漢字の読み書きを活用(6年生も1年の漢字から順番に始める)
1回だいたい90問、多くて160問ぐらい(一問一答式)
国語力の向上に「漢字力」は必須です!という事で「漢字の読み書き」に力を入れているそうです!
今後は小学生の漢字は、出来る子は学年関係なく先へ先へ進めていく。という事でした。

 

30分漢字プリントしたら次は速読。という流れ。
算数)単元ごとに分けてファイルにはさむ
 
小学生にもピッピ(メビウスのバーコード)がすごく人気で、もっとさせてと言ってくるぐらい。
ピッピが多い=間違いが多い。と気づいて最近は間違えないように頑張っているそうです。

【流れ】
プリント解く→採点(ピッピ)→ハンコ押す(発見テストはファイルに閉まう)→弱点対策プリント解く
▪ファイルにたまったプリントは塾で保管しておいて、面談や郵送で送る。

アトムズさんでは、高校生向けに、経営実践コースなどもあり、勉強だけではなく、
社会に出てからも約に立つ事も学べます!

 

この様な経験や知識があれば社会に出ても即戦力になるので、生徒さんの為になりますね!!
素晴らしい!!
アトムズさんのブログ → https://ameblo.jp/kg-atoms/でも色々と教室での生徒さんの様子や、塾の活動なども拝見できますよ!

2020年8月4日

投稿者 admin : 9:38 AM

ユーザー様から嬉しい報告!!

先日、またまたユーザー様から嬉しい結果が!!
神奈川県の岩沢学院さんの生徒さんが
なんと、全県模試で英語で1位を取ったそうです!!

おめでとうございます!!!

 

この1位を取った生徒さんは、吉備で中3の総復習(並べ替え問題)をすでに終えていて
英検準2級まで合格されたそうです!
今は英検2級に挑戦中!!とのこと。

高校生でも難しい2級に挑戦するなんて、素晴らしい意欲の持ち主ですね!

他の教科もコロナ自粛のなか、オンライン授業で中3の範囲はほぼ終わらせたそうです!
現在は全国高校入試問題をもくもくと勉強中だそうです!!

 

どのようにそのモチベーションをキープしているのか教えてほしいぐらいです!

そう考えると子供の可能性は本当に無限ですよね~
ユーザーさんから、この様なスーパー中学生や小学生の話しなど聞いていると
つくづく思いますね~!!
そして、子供を取り巻く環境も大事で、環境によって子供は大きく左右されがちですが、
こんな素晴らしい生徒さんがいる、岩沢学院さんは本当に子ども達が学びやすい環境作りをされているんだな。
と感じました。
簡単な事ではないと思いますが、これからも生徒さん達のサポート頑張って下さい!

2020年7月27日

投稿者 admin : 9:50 AM

期末テストで快挙!!

岡山県笠岡市で【学習サークルTerra】と広島県福山市で【Kids Brain】の2教室を展開しているユーザー様から期末テストの速報を伺いました。

まず、Kids Brainの生徒さん:中2生M君と中3生Y君の結果です。
M君もY君も苦手教科を中心にテスト対策は、メビウスZEROで徹底的にアウトプットを行ったそうです。
M君は、これまで数学の点数は20点~30点のあたりだったそうですが、今回の期末は30点以上伸び67点!
Y君もこれまで各教科の点数は20点~30点だったのが、今回は全教科オール50点超え!
Y君は、特に苦手教科だった英語で59点をマークするという快挙!
※学内での英語トップクラスの生徒さんは70点台
 

続いて、学習サークルTerraに通う中1生A君の結果です。
A君は、国語77点・社会89点だったそうです。
(※7/17時点で戻ってきたテスト)
 
なお、A君が通う学校は蒼明中学校という龍谷大学の関連校で、授業進度は超特急で定期テストは「中1で高校入試よりも難しい、高校生でも解けないレベルの問題が出題されるの?!」というほど超難しいテストだったそうです。
今回の期末テストでは、国語は80点以上が2人しかいない中でA君は77点をマーク。
社会の89点は学年3位の得点でした。
 
今回の期末テストは、コロナで学校の授業がままならず中間テストもなく、急に迎えたテストで先生・生徒さん共に大変だったと思います。
そんな大変な状況でも頑張ったM君、Y君、A君に「おめでとう!」の言葉を贈ります。
そして先生方、期末対策お疲れ様でした!

2020年7月22日

投稿者 admin : 2:34 PM

北野立志塾さんのルーティンワーク

6月に学校が再開するまで在宅学習を余儀なくされましたが
それでも生徒さん達は、英語は4か月先、数学は1か月先まで進んだとか、
1学期分はほぼ終わりそうだとか、素晴らし成果を見せている塾さんもいらっしゃいました!
ただ先取りばかりしている訳ではなく、ちゃんと復習もしっかりさせてました!

やはり先取り学習で大事なのは、『定着』ですよね。
その時は理解していても、時間がたてば忘れてしまうのが人。
学んだことをしっかり定着させるには、繰り返しの演習ですよね。

今回、札幌のユーザー『北野立志塾』さんがメビウスのプリントで『ドリル』的なものを作って復習も
サポートしているということで詳しく伺いました。

【ルーティンワーク】と名付けて、中学生に渡しています。
問題は応用から出しています。週2回の授業の際には必ず渡しています。
内容は↓
●数学
・空間図形
・一次関数
・証明
●英語
・助動詞
・不定詞
・動名詞
・there is構文
・第4文型
・比較
・受動態
・現在完了
・不定詞構文
・第5文型

 

先生曰く『現在学習している単元の宿題も出すので、量は抑えています。
それでも、間違えたら弱点対策テストが抽出されますから、生徒たちにとってはそれなりの演習量になります。』と言う事でした。

夏休み以降の入試対策に向けても『ドリル』を渡して、過去の知識を忘れないようにしているそうです。

メビウスを導入してからは
『夏期講習会での英数にかかる労力が軽減し、その分、
理社、英数の応用問題に専念できた。効果は大きい』とおしゃってくれています!

そのお言葉を聞けて私たちスタッフも嬉しいです!!
先生と生徒さんのお役に立てているんだなぁと改めて実感します。
沢山ご活用頂き、ありがとうございます!!

2020年7月20日

投稿者 admin : 11:13 AM

石原さんのブログでメビウスのことが出てた!

まずは、頑張る塾長の成功を徹底的にサポートする「究極の塾経営実践術」を主催する(株)スタディラボ京都の石原 代表をご紹介しますね。
全国最大の直営チェーン塾の京都・滋賀エリアの責任者として15教室2,000名まで規模を拡大。
その後、一念発起スピンアウトし、強みを持った新時代のパッケージを目指して半径1km圏内に30もの塾がひしめき合う激戦区に開塾。
開塾からわずか2年で80名もの集客を実現されました。
石原 代表とのご縁は、開塾時にメビウスを導入してもらい今に至ります。
 
さて、その石原 代表が定期テスト対策について書かれたブログ「行列の途切れない塾!」の中でメビウスに触れて下さってました。

※ブログ → https://note.com/studylabkyoto/n/nc0765dafeb07
 
今年は、コロナで1学期は期末テストのみという学校が殆どだったと思います。
受験学年には内申に影響するでしょうから今回の期末テストはいつも以上に力が入ったのではないでしょうか。
 
ブログで石原 代表が書かれていた2つの文が印象に残りました。
「定期テストの勉強であっても、受験への学力へつながるものでなくてはなりません」
「アウトプットチェックが対策の最大の胆」
仰るとおりだと思います。
 
そんな石原 代表のブログには、京都・滋賀エリアの責任者時代の打ち明け話が書かれてあります。
塾関係者には共感したり、参考になる内容満載のブログだからお薦めです。

2020年7月16日

投稿者 admin : 2:17 PM

オンライン デモンストレーションもやります!

コロナ感染拡大防止のため県を跨ぐ移動がはばかられますね。
緊急事態宣言解除後、減少していた感染者数がここ最近増加傾向にあるのが不気味です。
 
さて、今年は教育、ビジネスなど様々な業種でオンライン化が推奨されましたね。
各種セミナーもオンラインセミナーになりました。
そこで私どももメビウスZEROのシステム デモンストレーションをオンラインでやってみようと思います。

メビウスがどんなシステムか、実際にデモンストレーションを見て導入を検討してみたいが、コロナの感染防止のため自塾に来てデモをしてもらうのは嫌だなぁ~という方もいらっしゃるかと思います。
対面でデモを見てもらうのが一番システムの操作や運用がイメージし易いですが、非対面型のオンラインで見てもらってもシステムの概要・機能はお伝え出来ます。
 
メビウスに興味・関心を持って下さったらお気軽にご連絡下さい、ビデオ会議システム「Zoom」を使ってデモをやりますので。
なお、ユーザー様も例えば、新しい講師・スタッフさんに操作のレクチャーがご希望であれば同じくZoomで対応致します。

2020年7月14日

投稿者 admin : 2:24 PM

HPに新しい動画を追加しました!

 

弊社のHPに分かりやすくメビウスZEROのよく使われる機能である
『ページ指定』と『単元指定』の動画を追加しました!

解説付きで分かりやすい動画になっております。
是非、ご覧ください!

メビウスが選ばれる理由

HPのトップページの「メビウスが選ばれる理由」をクリックして下さい!

2020年7月13日

投稿者 admin : 11:22 AM

学校再開後のテストで満点続出!!

 

三重進学ゼミさんから嬉しい報告を頂きましたので

さっそくシェアさせてもらいます!!

 

三重県名張市では5月の末から各小中学校が再開されていて

休校中の課題の範囲からテストがいくつか出されているそうです。

 

自粛解除後すぐの学校テストでは、なんと100点を取った子(小・中学生で)複数名いらっしゃったと、聞きましたが、

その後の、小テストや中テストでも、高得点を取った子が多数出たそうです!!

 

こちらの地域の中学校も中間テストは今年は中止で、その代わりに小テストや中テストといった形で

自粛期間中にちゃんと学習が出来ていたかを確認する為にちょくちょくテストが出されるそうです。

 

そのテストで、塾生達が満点を取ったり、90点や80点代が多数で、塾長も安心したそうです!

 

なかでも、クラスで満点が2人しか出なかったテストで、その2人がこの塾の生徒さんだったのは

塾長も大変喜んでおられました!!

に素晴らしい結果ですね!!

 

もともと授業はしない、完全な自立型の塾さんなので

自粛中も授業はせず、吉備の『メビウス』や先取り学習の子には

単元の映像を活用しながらLINEを使って生徒さんとのやり取りをされてました。

 

吉備のプリントで弱点対策したり、今までの復習をきちんとされていて

自粛中も通常授業と変わらないぐらい演習量をキープされてたそうです!

だからこそこの結果に繋がったのだと思います!

 

本当に嬉しい報告、ありがとうございます!!!

 

2020年7月7日

投稿者 admin : 9:47 AM

塾による私立学校の学習サポート

授業の遅れを取り戻すため殆どの学校は、夏休みを短縮して何とか授業時間を確保していますね。
ただ、授業で教えた内容がしっかりと習得できているかとなると生徒ひとり一人バラツキが出てくるのではないでしょうか。
このバラツキを無くすための対策も学校側が行っていかなければならないのでしょうが、昨今の働き方改革により教職員にその対策を求めるのが難しくなってきているのが現状です。
そこで今注目されているのが、塾による学校の学習サポートです。
学校が、「場」と「教材教具」を用意し、塾がそれを活用して生徒たちの指導を請負う、という形態です。
大都市では、大手学習塾さんと提携して学習サポートを行っていると学校もあるみたいですね。
 
時代は、アウトソーシング。
これからは、塾による学校サポート事業が当たり前になってくるのではないでしょうか。
この学校サポートは、塾にとって活動の場を自塾の教室外にも広げるビジネスチャンスだと思います。
 
さて、「興味はあるけど何をどうしたいいのか・・・?」と思われる方、いらっしゃると思います。
ご心配なく!
学校サポートに詳しい先生がいるので、私どもにお問合せ下さればこの先生をご紹介致します。
お気軽にお問い合わせ下さい。

2020年6月29日

投稿者 admin : 11:42 AM

在宅学習中の理解度は・・・?

6月からほぼ全国の学校が再開し、徐々に生徒さん達も慣れてきた頃でしょうか。

地域によっては今年の中間テストはコロナの影響で授業が出来なかった為、
テスト中止や延期。というところが多い様ですね。

先日、ネットニュースで、弊社の地元の岡山の事ですが、
倉敷の、ある中学校は、再開してすぐ4日(6月)に中間テストがあったそうです!
休校中も生徒に課題を出して自宅での学習を促していたので
その期間も含めた学習の進捗状況を確認するため中間テストだったそうです。

中間テストを行うことで、生徒一人一人が学習の計画や目標を明確にできると思って実施を決めたそうです。
「このような状況でも自分で課題を見つけて解決していける力を身につけてほしいとい」う教務の思いがあったそうです!
≪NHKニュースから≫

ユーザー様のなかにも、この自粛期間中に学校でテストが無い代わりに、塾内でテストをするというところもありましたね!

やはり、『オンライン授業』という今までとは違うスタイルで、さらに『自宅学習』で、どれくらい生徒さん達が理解できているのか
教えている側からも、気になりますよね!心配もありますし、不安もありますし…
テストをするこ事によって、生徒さん達の学習状況も把握できますし、何より気持ちも引き締まるような気がします!

 

先日ユーザーの岩沢学院さんが中学生だけに、塾内でテストを行ったそうです!!
こちらの塾長も、オンラインでずっとがんばってきた子達の達成度を測るためのテストと言うことでした!

テストを作るのも簡単では無いのに、それを中1・2・3生用を5教科分も‼
学年に合わせて、テストのスタイルも変えたり、中3生には入試に備えたテストにしたりと、色々工夫しながら
寝る暇も惜しんで作成されたそうです!!本当に熱い先生です!!
前日ギリギリまでかかったそうです!!素晴らしい!!
本当にお疲れ様でございます!!!
生徒さんの結果が楽しみです!!!

2020年6月23日

投稿者 admin : 10:40 AM