生徒募集のカギは?

まずは、今回、夏期講習という最も忙しい時期にも関わらず私どものヒアリングにご協力頂きましたユーザー様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
 
ヒアリングさせていただいたユーザー様が実践なさっている一つが、見学・体験に来塾した保護者・子どもにメビウスを見せているということです。
「バーコード付きのプリント」というだけでも「何なのこれ?」と保護者・子どもは疑問符だろうと思います。
でも、プリントを採点すると弱点対策テストが即座に出てくるのを目の当たりすると「えっ!」と感嘆符に変わる。
 
子どもだけでなく保護者にも発見テストを出して、テストの採点→弱点対策テストのプリントアウトまでを体験してもらうことが重要です。
口でを説明するよりも実際に体験してもらうのが一番ですからね。
 
次に生徒募集に関連することとして、成績管理帳票の『学習カルテ』を保護者に渡していることです。
朝日塾宙SOLA塾長の小島 先生が仰っていたように「×をどのように○に変えてくれるのか」をしっかりと見せることが大切です。
どんな学習内容が分かってないから「×」なのか。
その×を克服できているのか。
これらは学習カルテを見れば一目瞭然ですので、保護者には「塾でのうちの子の成長が見える」ことになり信頼度アップに繋がり、その結果口コミなどで生徒募集に影響するようです。
 
今回のヒアリングからメビウスを使った生徒募集のカギは
保護者にも体験してもらうこと、それと学習カルテを活用することですね。